投資信託とは

こんにちはひろゆきです。今度投資信託を始めようと思っていまして色々と調べたので備忘録兼ねてお話していきます。

投資信託のポイント:【儲かるか、損するかは分からない】投資信託は、銀行預金などと違って元本は保証されておらず、どれだけ儲かるのか、損するのかが事前に約束されていない金融商品です。

投資家は「損するかもしれない」というリスクを背負い、一方で「将来の資産の成長」というリターンに賭けているのです。 【プロが面倒なことはやってくれる】投資信託の最大の特徴が、プロに運用をまかせる、という点です。

毎日の株価を見張ったり、有利な投資先を探したり、高度な計算によってリスクを調整したり、海外の株式に投資したり、といった面倒なことはすべてプロがやってくれます。 【少額で始められる】ほとんどの投資信託は、証券会社や銀行の窓口で1万円から買うことができます。

また、毎月少しずつ積み立てるサービスも提供されています。投資信託は、こうした少額の投資を数多くの投資家から集めて、数億円から数百億円、数千億円といった大きなお金としてまとめて運用するのです。

投資信託はどこで購入できる?

投資信託の多くは、主に証券会社と銀行、郵便局で買うことができます。 扱っている投資信託の種類が多いのは証券会社です。

投資信託には、いつでも買えるものと販売期間が決まっているものがあります。 買いたい投資信託があるときは、どちらのタイプか取扱金融機関に確認してみてください。

多くの投資信託は通常1万円から買うことができますが、10万円以上あるいは100万円近い投資信託もあります。 いつでも買える投資信託の多くは、満期がありません(あるいは、満期があっても満期までの期間が非常に長い投資信託です)。

逆に、購入期間が決まっている投資信託は満期があります。

一応調べた中では、この投資信託の初心者向けサイトが投資信託の細部までしっかりとお話してくれていたので、初心者の方には参考になると思います。